• ドイツ ミトケア社 天然成分サプリメント オーダーのご案内

    2017/11/30

        がん治療を専門とするドイツのサノムニクリニック院長 Dr. F. Schilling(シリング先生) が推奨される天然成分サプリメントにつきまして、オーダーのご案内をここにお送り致します。 シリング先生は、ご自身のクリニックで RGCC 社の検査をもってがんへの個別化医療を導入し、インスリン感受性療法・天然成分の点滴を始めとする統合的な治療を実践されています。ミトケア社のサプリメントも導入され、10月と11月に開催しましたセミナーでもプロトコールの紹介がありました。   価格、費用などの詳細は、下記までお問い合わせ下さい。 どうぞよろしくお願

  • 日本オーソモレキュラー医学会によるエデルフォ社来日、「自閉症/統合失調症家族会」向けセミナーのご報告

    2017/11/14

    11月2日より1週間にわたり脳検査のエデルフォチームが来日し、検査を実施。3日(祝日)には、自閉症家族会および統合失調症家族会向けのセミナーが開催されました。 当日の様子をFacebookでご報告しております。ぜひご覧ください。 Facebookはこちらから

  • <人材募集>専門知識は要りません。女性も活躍できます!チャレンジ精神のある方のご応募をお待ちしています。

    2017/11/13

      リンクはこちらから 人材募集20171113

  • ピュア エンキャプスレーションズ社のクルクミンサプリメント

    2017/10/30

    ピュア エンキャプスレーションズ社のクルクミンサプリメント   驚異のウコン(ターメリック)サプリ・抜群の吸収率 国内輸入承認取得済み、薬事手続き不要 すぐにお届けが可能です   特許を取得したメリーバ使用※ ※メリーバとは(Meriva®): 体内での吸収率を高めたクルクミソーフォスフロチンジルコリンの複合体です。臨床試験に基づき安全性と有効性が裏付けられています。クルクミノイドが18%ですが、体内に吸収される量ははるかに多いのが特徴です。     クルクミンはターメリック(粉ウコン)に含まれていているポリフェノー

  • がんの浸潤抑制に使うクルクミンのサプリメント

    2017/10/16

    RGCCラボ ドイツ サノムニクリニック院長 シリング医師のセミナーより がんの浸潤抑制に使うクルクミンのサプリメント     この度、2017年9月30日(土)・10月1日(日)に開催致しましたCTC循環腫瘍細胞・CSC循環腫瘍幹細胞検査セミナーで、がんの治療において浸潤の抑制効果のある成分として、ドイツ サノムニクリニック院長 シリング医師よりクルクミンのサプリメントの説明がありました。     クルクミンは、ウコン(ターメリック)に含まれる黄色のポリフェノール化合物です。カレーのスパイス、漬物や和菓子などに使われています。この成分は

  • Facebookに9/30-10/1に行われましたRGCC社セミナーの様子をアップしました。

    2017/10/02

    2017年9月30日(土)・10月1日(日)に行われましたRGCC パパソティリオ医師によるCTC循環腫瘍細胞・CSC循環腫瘍幹細胞検査セミナ-の様子をFacebookで紹介していますので、ぜひご覧ください。 Facebookはこちらから

  • エデルフォの脳マッピング検査ってどんな検査なの?

    2017/09/21

    2017年11月2日~6日 脳マッピング検査のエデルフォチームが来日し、セミナーと検査、コンサルテーションを実施いたします。   今回は来日に先駆け、自閉症、統合失調症、ADD注意欠陥障害、学習障害、双極性障害、摂食障害、うつ などに適応があるこのエデルフォの脳マッピング検査について少しご紹介致します。   エデルフォの脳マッピング検査は、脳がダメージを受けている部位を特定し、どの神経細胞が障害、過剰、過少になっているかを検証して治療を行うものです。 治療は、脳への電極を使った刺激作用は行なわず、たんぱく質を摂取して行います。   Edelfo(新:L

  • 2017年9月2日・3日に開催された Women’s Health「女性の健康づくり」セミナーのご報告

    2017/09/06

      9月2日(土)・3日(日)2日間に渡り、米国ピュア エンキャプスレーションズ社の専属医師 フェリス ガ-シュ先生によるWomen’s Health「女性の健康づくり」セミナーを開催致しました。講演では、乳がん&乳腺の健康、閉経後の認知機能・循環器系機能のサポート、子宮内膜症・多嚢胞卵巣症候群への治療プロトコールついてお話され、ご参加いただいた先生からは大変ご好評頂きました。     ガ-シュ先生は、ホルモン・薬剤・栄養などの知識をもとに、全ての年代の女性の健康問題に関して様々な角度から助言しており、ピュア エンキャプスレーションズ社と共同で女性の循

  • 腸もれ・リーキーガット症候群 米国Doctors Data社のゾヌリン検査 期間限定キャンペーン

    2017/08/24

    最近、日本人にも多くみられる腸もれ・リーキーガット症候群。これは、簡単に言えば腸に穴が空いた状態をいい、本来は透過しない細菌や未消化の巨大分子が腸壁に空いた穴を通じで血流に流れ込み様々な症状を引き起こします。腸もれの状態がひどくなるまでは、あまり自覚症状がないのも特徴の一つで、症状が現れるころには複数の病気を同時に引き起こしていることも少なくありません。弊社では、手遅れになる前に腸もれの検査を定期的に行うようお薦めしています。特に、精度が高いといわれるゾヌリン検査(検体:血清)は国内外の医師より注目を集めています。   そこで、ゾヌリン検査を先生方の臨床に役立てて頂くためにも、今

  • FacebookにRGCC社年次セミナーとラボ見学の様子をアップしました。

    2017/07/26

    6月16日、17日ギリシア・テサロンケ近郊フロリナにて開催されたRGCC社 年次セミナーと、ラボ見学に参加して参りました様子をFacebookでご紹介しております。 是非ご覧ください。 Facebookはこちらから